2014年5月24日土曜日

大きくて力強い車、コンクリートポンプ車とコンクリートミキサー車

,ポンプ車とコンクリートミキサー車がやって来ました。
お互いに車の後ろをくっけるようにして配置します。 




ミキサー車から流れ出るコンクリートをポンプ車のホッパーが受けます。
ホッパーの底にはピストンが付いていて、コンクリートを間断なくパイプの中へ圧送していきます。



 パイプの先端に取り付けられた、長いホースから出て来るコンクリートを
型枠ブロックの中に注入していきます。



ブロックの中にコンクリートを流し込んでいます。

しっかり支えていなければ、流れ出るコンクリートの勢いに負けてしまいます。
コンクリートが隅々まで行き渡るようにホースを動かしていきます。 

まさにプロのワザですね。



完璧にコンクリートが流し込まれました。


仕事を終えた後の後始末の様子を見せていただきました。




コンクリートをすっかり流し込んだ後は、ホッパー内を綺麗に洗い流します。

すっかりコンクリートが無くなるまで、しっかりと洗い流していました。



ホッパー内の回転翼がぐるぐる回る様子を見たのは初めてです。





ポンプ車の仕事は、大変な力仕事。

一人でこんな大きな車を操作するのは、とっても大変そうです。




確かな技術を身につけ、明るく元気にお仕事に励む職人さんたち。

「カフェ&陶芸の店 Atelier POMME」スタッフ一同、とっても感謝しています。




 型枠ブロックの積み上げがすべて終わったら、2回目のコンクリート打ちがあります。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿